兵庫県立大学 工学部 応用化学工学科合格 K君

【その他合格大学1】 関西大学 化学生命工学部 化学物質工学科

【その他合格大学2】 近畿大学 理工学部 化学科

【その他合格大学3】 龍谷大学 理工学部 物質化学科

【体験記】

僕は中学2年生の時からF-SEMIに通い始めました。その当時の僕は、勉強の得意・不得意が激しく、どうにかしたいという思いで塾に入ることになりました。F-SEMIでは多くの先生に授業でお世話になり、勉強はもちろん、進路のことでも親身になって相談に乗っていただき、ありがとうございました。

僕は、最初岡山大学の理学部に行こうとしてしました。2年の夏に行ったオープンキャンパスでの雰囲気が良く、漠然といきたいと思い始めました。今考えると、漠然としていたことがあまり良くなかったと考えます。沢山の模試を受けて、判定が良かったことに甘えていて、楽観視していたのかもしれません。結局、センター試験が思うようにいかず、志望校を必死になって、探さなければならない状況に陥ってしまいました。受験生の皆さんはこんな風にならないように頑張れるはずです。そこで僕は心を入れ替えて、自分が今までやってきたことを無駄にすることなく、納得できる結果にしようと頑張りました。

僕が思う合格の秘訣は、自分が固めておかなければならない所を見極め、最後まで繰り返しやるということです。

2次試験で使う科目の成績があまり伸びず、最後の最後まで、不安な気持ちでいっぱいでした。塾と学校での2次対策のお陰で、その中でも特に苦手意識のあった物理や英語を集中的に取り組むことができました。塾では、個別で分からないことを教えてもらい、本番でその時にやったような問題が出題されました。

また、理科の「重要問題集」で、過去頻繁に出されているのに理解が伴わなかった、化学での高分子化合物や、物理での原子分野を自分の知識とするまでやり込みました。

最後に模試についてです。判定も気になりましたが、それよりも自分が何回も間違えていた所を見つけ、次は絶対に間違えないようにするつもりで、ルーズリーフに書き写しファイリングしていました。試験の日も見返す事ができてとても役に立ちました。

F-SEMIの先生方を始めとして、クラブと勉強を両立できるようにサポートしていただきありがとうございました。色々と支えてもらった分、大学へ行って頑張ることが自分のできることだと考え、これからの大学生活を充実させていきます。

本当にありがとうございました。

【学校の成績をとる秘訣】

先生の授業に集中する。

自分から積極的にメモを取っておく。

【やっていてよかったこと】

通学時間を無駄にしないように、電車の中で英単語を覚えていた事。

【やっておけばよかったこと】

色々な検定に挑戦しておけば良かった。

one point advice

勝つまでやる。だから勝つ。

自分に「必ず勝てる」という気持ちがあれば、どこまでも努力をし続ける。それで悪い結果が出るはずがない。

 

 


イベント情報

  • 2018年11月
    小学生秋のイベント
    小学生の秋のイベント ①ハロウィンパーティー ②プログラミング教室 ③小学生総復習講座 を実施します。イベントページでご覧ください。
    続きを読む
  • 2018年11月
    2学期期末テスト対策ゼミ先行予約
    中間試験も終わったばかりですが、あっという間に期末試験となります。内容も難しくなり、科目数も増える期末試験に向けて、しっかりと学習準備をしましょう。 詳細・お申込みはこちらから
    続きを読む
  • 2018年10月
    2学期中間テスト対策ゼミ
    恒例の2学期中間テスト対策ゼミを行います。この機会にぜひご参加ください。 対象:中学1・2・3年 高校1年 お申し込みは こちらのページ から
    続きを読む
お問合せ、資料請求、各種お申込は 0120-19-1509
  • 無料体験
  • 資料請求