京都中央看護保健大学校 看護保健学科合格 Iさん

京都中央看護保健大学校   看護保健学科合格 Iさん

 私自身、すごくレベルの高い学校に行くわけでもないので勉強のコツなどはそういう人たちに任せて、看護系に進む上で大切だと思ったことを中心に書かせていただきたいと思います。

 看護系に進む上で私が大切だと思うことは部活動などを続けること、学校を休まずに通い続けることです。(もちろん受験勉強が第一ですがそれはみんなわかっていると思うのであえて書きません)

 私は中学校、高校と6年間陸上競技部で活動し続けました。私はたまたま運動部でしたが運動部だということが大切なのではなく、続けるということが大切だと思います。部活動でなくても習い事などでもいいと思います。すごく大変で辞める人が多い仕事なので続けてこれたという実績は面接などでも高く評価してもらえた気がしました。

 また看護系では面接のある学校がかなり多いです。部活動の話は、言い方は悪いですが、かなりネタになります。実際に入試の面接の質問の多くを部活動での経験を使って話しました。また面接でのネタについて言えば、ボランティア活動(医療関係だけでなく様々な)、看護体験、インターンシップなどには参加しておくと色々な質問に対応できると思います。実際に経験としてもとても良いものになりました。

 また、学校を休まないというのも大切なことだと思います。看護職は体力勝負。実際に私は高校3年間無欠席です。面接でも面接官の方に褒めていただきました。早寝早起き、食事、適当な運動を大切に!!

 私が後悔しているのは良い成績を取ることが出来なかったことです。看護系は定員の半分を推薦で決める学校も少なくないです。私は成績が悪く、一般受験でないと受けられないという状態だったので成績を大切にしてもらいたいと思います。

 一応勉強についても…。まずは環境が大切です。私は家で勉強するのが苦手だったので塾の自習室をかなり利用していました。周りには頑張っている友達もいて、家でやるよりもかなりはかどりました。また、過去問をいっぱい解いて、問題の傾向、時間の配分に慣れてください。

 あとは本当にその学校に行きたい、夢を叶えたいという気持ちです。その気持ちは、辛くなった時にもう一度頑張ろうと思うことができる活力になります。そして友達と支え合ってください。不安になった時、もう投げ出してしまいたくなった時に頼れる友達がいたからこそ今の私があると思います。

 最後に中学校1年から高校3年の6年間、F-SEMIの先生方にはお世話になりました。将来、信頼される看護職者として活躍できるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

【学校の成績をとる秘訣】
コツコツ勉強をすること。
私は出来ていなかったのでテスト前に焦り、結局点数も取れず、成績も悪いという状態になってしまったので…。

【やっていてよかったこと】
部活動を続けること。

【やっておけばよかったこと】
コツコツ勉強すること。

one point advice
コツコツ勉強をすることは大切!!
部活動も諦めずに続けきってほしいです。

 


イベント情報

  • 2018年11月
    小学生秋のイベント
    小学生の秋のイベント ①ハロウィンパーティー ②プログラミング教室 ③小学生総復習講座 を実施します。イベントページでご覧ください。
    続きを読む
  • 2018年11月
    2学期期末テスト対策ゼミ先行予約
    中間試験も終わったばかりですが、あっという間に期末試験となります。内容も難しくなり、科目数も増える期末試験に向けて、しっかりと学習準備をしましょう。 詳細・お申込みはこちらから
    続きを読む
  • 2018年10月
    2学期中間テスト対策ゼミ
    恒例の2学期中間テスト対策ゼミを行います。この機会にぜひご参加ください。 対象:中学1・2・3年 高校1年 お申し込みは こちらのページ から
    続きを読む
お問合せ、資料請求、各種お申込は 0120-19-1509
  • 無料体験
  • 資料請求